多趣味というより

追っかけが趣味なだけ

【Da-iCE】claquepot 5/24 藤井達也BD SEASONS 渋谷VUENOS

5/24 藤井達也BD SEASONS
渋谷 VUENOS/OPEN17:00/START17:30


タイムテーブル(時間は間違っているかも)

  1. OA 藤井さんと誰か
  2. 彩―xi―
  3. 0TU1(~18:10)
  4. Gear 2nd
  5. ブレイク☆スルー(~19:00)
  6. FREAK(19:00~19:20)
  7. LUV
  8. 天才凡人(19:55~20:30) ※クラポコラボ有
  9. claquepot(20:20~20:50)
  10. ワードストア(20:50~21:10)
  11. 藤井達也(21:20~21:50)

全員でエンディング(21:50~21:55)

 

こんな感じでした。ブエノス初めて行ったけど、アングラ感が強い会場だった。

ニュアンスのレポやら感想やら。
以下claquepotの話のみです。
(最後に藤井さんの感想も少しだけある)

二度目ましてのclaquepot。なんというか前回より明るく?感じた。前回の話はこちら。

 

【Da-iCE】claquepot 11/24 音遊~OTOASOBI~ 渋谷WWW X - 多趣味というより

誕生日ライブだったからかな?あと出演者も仲良い人が多かったからか、なんだかすごく楽しそうでした。かわいかった。美しかった。

 
<天才凡人×claquepot> 
コラボ曲:See The lights

天才凡人のライブ中、途中の曲終わりで、アタック映像が流れる。スクリーンに映し出される『claquepot』のロゴ。会場の悲鳴。(笑)

天才凡人のライブが凄く盛り上がっていたので(客席みんな踊ってた)、全員彼らのファンかと思いきやそういう訳でもなかったみたいです。となると、余計、天才凡人すごいな。みんな踊るから酔うかと思った。

MiNE:M/Hyonn:H/claquepot:C

登場から元気なclaquepot。すごい明るい。すごい元気。ただ眼鏡がさがるものだったようで、ずっと触ってた。(笑)


M「まだ天才凡人のライブ中や!しかも俺らのときと全然歓声違うやん!!なにが『キャーー!!!!』や!俺らのとき『アッ……!』やったくせに!!」

C「だってアタック出たから。どうもclaquepotでーす!新曲やりまーす!『結婚っていいな』」

※クラポ登場前に披露した天才凡人の新曲

MiNEくんに「お前、情緒不安定か」と突っ込まれる。(笑)
 
C「プロデューサーが代わって、大幅な音楽性の転換が」
C「天才凡人を○○するといいよ、って」

馴染みのないカタカナを使っていたので覚えてない。『イ』か『リ』から始まった気がする。プロっぽくて(プロなんだけど)印象的だった。

MiNEくんがclaquepotの弟に誕生日プレゼントをあげた話。

M「この前、兄弟にさ、誕生日プレゼントあげたんですよ。そしたらもうすぐ誕生日来るらしいな!?俺全然知らんかったわ!」

claquepotは「喜んでました」とか「そう言ってました」とか「伝えときます」とかそんな感じの事を言っていた。

C「双子なんで。誕生日一緒なんですよ。だから、俺は貰ってない。」

そう言って無言でMiNEくんに『ちょうだい』するくらぽちゃん。か、かわいい。
ちなみに欲しいものは「現金」(笑)

H「俺は冷蔵庫にハム入れといたよ!」
M「お中元の人じゃん。なにハム?」
H「丸大ハム」 
そんなヒョンさんに、クラポがにこにこしながら近付く。
C「パーマかけたねー😊パーマ😊パーマかけて😊」
パーマを掛けたヒョンさんを、おちょくるclaquepot。
H「こんな事言ってますけど、裏で『めっちゃ髪型いいっすね!』って」
そのままクラポにハグして、ほっぺにチューしようとするヒョンさん。 

照れたのか、にこにこして何も言ってこないくらぽちゃん~~~~~~!!!かわいいのかたまり~~~!!!!!ヒョンさんとっておきエピソードありがとう~~!!!!!
M「今日二人相性いいやん」(笑)

DJブースの準備が整う。
C「DJは総じて静か」
M「職人ですから」
そんなことを話ながら曲へ。


<claquepot> 
ケダモノ
AUTO
バイバイ
MC『祝ってないから』
感傷ファインダー
むすんで

コラボ曲終わり、天才凡人が捌けて、そのままclaquepotのライブへ。今回はスタンドマイクを使用せず、ハンドマイクのみ。飲み物はミルクティー。

「そのまま入れ替わるという珍しいパターンです」
「私、claquepotと申しますよ」
「初めましての方もいると思います。claquepotと申します」

 

1、ケダモノ 
やっぱり、照明が落ちて、パッと付くところが好き。『ここでSTOP』ってところかな?この曲は、歌詞も音楽も好きだな~。一番ノってて楽しい曲かも。『ケダモノ』って歌うときの表情が好き。音源ほしい。


2、AUTO
「学校や会社でストレスが沢山あると思いますがそれを明日に持ち込まないように吐き出そうって曲です。AUTO」

『有償の愛をタダで売り付けんな』って歌詞が印象的で、そこだけ頭に残っている。


3、バイバイ
「すいませんね、誕生日なのにどす黒いやつばかりで。そんなんしかないからね。とんとん行きます。バイバイ」
前回のブログにも書いたけど、この曲を歌うclaquepotは本当に儚くて切なくて綺麗で大好き。

『さよならを告げた君があんまり綺麗に笑うからいつかまた会えますようにと願ってしまったよ』みたいなサビの歌詞、最後だけ(?)『叶わないと知っても』と入るのが、すごく好きです。

『透明な瞳と滲む優しい嘘これからは何色に染まっていくの』 ってところも超好き。高音がきれい。切ない。言葉も好き。この曲が一番好きかもしれない。いやでもケダモノも感傷ファインダーも好きだしな……。(結局) 


MC『祝ってないから』
MCという程でもないお喋りタイム。
「今日は達也の誕生日ライブということで。正直、私は祝う気はない!全くない!祝ってない!」

と、ここで突然歌い始めてなにかと思ったし、めちゃくちゃ上手くて吃驚した。(笑) 主催の藤井達也さんの「泣いてないから」の替え歌でした。(藤井さんのライブで気付いた)

『祝ってないから 祝ってないから
スケジュールが空いてただけさ
強がってないから 祝ってないから
…………自分の曲やりまーす。」


4、感傷ファインダー
「この曲だけは手拍子をお願いしたいです。この曲しか盛り上がる曲ないんですよ。奮ってご参加ください」

sentimental finder ってところしか記憶がありません。(ポンコツ)

前回のブログ読む限り、前回も全然覚えてなかった。好きなのになんでだろう。

「ご参加ありがとうございました」
「これだけだよね、楽しいの」


5、むすんで
「最後の曲です、むすんで」

『最後の曲』という言葉に頭ぶん殴られた気持ちだった。あっという間すぎて……。コラボの時間もいれて30分(前回は一人で30分)だったから、本当にとんとん進んだライブだった。私、やっぱりYouTubeにあがってない曲の方が好きだなぁ。 テノヒラ聞けなかったのは残念。


<エンディング>
藤井さんが全員呼び込んで、藤井さんに真顔でずんずん近付きながら登場するclaquepot。

藤「……祝ってくれてたよね?祝ってないからー!って。あれ、めっちゃいい」

爆笑で楽しそうなくらぽちゃん可愛い。
最後に全員で客席を背に集合写真。

顔出しNGのclaquepotは客席に顔を向けたまま。(笑)確認してみたらMiNEくんも客席見てるね。ヒョンさんは二人を笑かしに行ってるね(笑)

21:55終演。


<claquepotの音楽>
claquepotの曲は、どれも歌詞……というか、ふとした言い回しが好き。全部じっくり噛み締めながら聞きたい……。ライブだけじゃ、聞き取れないし、限界がある。いつか音源になるのかなぁ。CDとして出してくれるのがベストだけど、こちらが想像するより遥かに難しいことなんだろうね、きっと。


 <claquepotと演出>
彼は歌っているとき、照明の演出との相乗効果で、動いているはずなのに、切り取られた静止画というか、美術館に飾られている絵画のように見えてくる。照明も表情もその瞬間ごとに違うから全く飽きないの。シルエットになった時が本当に美しいんだよなあ。claquepotが居て、そこに光がさしたら、自然と影もできて、それがめちゃくちゃ芸術的というか。演出も含めてclaquepotっていう作品が成立しているというか。
ん~、感覚的すぎて、うまく説明できないことが悔しい。


<結論>
今回もめちゃくちゃ楽しかったです。
次見れるのはいつかな?今回が半年ぶりだったから……。次もタイミングよく行けますように。


<藤井達也くん>
正直、claquepotと天才凡人以外の名前は『見たことある』くらいで参加したのだけど、今回の主催の藤井達也くんの時間が、めちゃくちゃ楽しかった。曲も覚えやすくて、初 心者ながらにちょっと振り付けを踊ってみたりした。一挙一動が可愛い人でした。なんというか、愛に溢れた会場だった。近場でストリートやるなら見に行ってみようかな?誕生日おめでとうございました。
イベントとしてもめっちゃ楽しかったー!!