読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多趣味というより

追っかけが趣味なだけ

【Da-iCE】claquepot 11/24 音遊~OTOASOBI~ 渋谷WWW X

(メモなしにつき、ニュアンス多め)

 

11/24 音遊~OTOASOBI~
渋谷WWW X

 

私にとって、初claquepot。

私は、双子の弟、工藤大輝さん推しではありますが、ダンスに惚れたたちなので、お兄さんの活動にそこまで興味がなく。

 

YouTubeで再生はしてみるものの、なかなか楽曲の世界観に入り込めず、今日までライブに行かずにいたのですが、『フルバンド』と聞いて、ちょっくら行ってみるかと、そんな経緯で参加。そんな状態だったので、もちろん『テノヒラ』『むすんで』以外のYouTubeにあった曲は記憶にありません。

 

出番は7組中のトリ。持ち時間30分。5曲。

曲間にちょこちょこお喋りあり。どこで何喋ったかはなんとなくの記憶。 

 

<セットリスト>
テノヒラ
ケダモノ
バイバイ(新曲)
感傷ファインダー
むすんで 

 

転換にそこそこの時間が掛かり、暗転中も本人が舞台に出たり引っ込んだりを繰り返しての登場。
claquepotまでの出演者に歓声が上がることは少なかったけど、歓声で迎えられていました。みんな、claquepotのファンだったんだね。

 

登場して、スタンドマイクの前に歩いてきて。スポットライトが当たって思ったこと。

『うわ、目ぇ死んでるぅ!!!』

見たことない程に生気の無い大輝めんの表じょ……失礼、お兄さんとは初対面でしたね。いや、めっちゃ怖かったよ。完全にいっちゃってるんだもん目が。(笑)

 

髪の毛がふわふわだとか、ニット?の下から白シャツでてるとか、そういうのはちょっとしてから気づいた。

曲が始まってからスポットライト当たったんだっけな?そこは忘れちゃったな。絶対丸眼鏡してるだろうな、と思ったら本当にしてたからちょっと笑っちゃった。(笑)


1、テノヒラ
ずっとね、怖いなあ、怖いなあと思って見てた。どこ見てるのかわかんないんだもん。

歌う姿を見て『この人わたし知らない人だ』と。いや、初対面だから当たり前かもしれないけど、弟くんのことは二年半くらい見てきたわけで、そんな感想抱くとは……。(笑)

あとスタンドマイクを、マイクの部分で両手を重ねて持つから最初ほぼお顔が見えませんでしたね。次第に左手が歌詞や音楽に合わせて動き始めて、右手でマイク持ってる形になったので、なんとか拝めたけど! 

左利きなのに、マイクは右なんですね。 お勉強になりました。

 

この曲終わる時点では『弟くんに会いたい~』だとか『ボーカルたちの声ききたい~』だとか、まあひどい感想でした。ごめんね、そのあと好きになったから許してね。

 

(ごあいさつ)
「こんばんは、claquepotと申します」

『あ!!なんか知ってる!!!知ってる人だ!!』
その言い回しと、声のトーンと、表情と。

お客さんに照れたのか初めて笑顔も見れて。
ちょっと安心しちゃった。(笑)

 

「僕なんかがトリということで……。本当にすいません」←ひとつ前の出番のしゅはりひとネタ

 

2、ケダモノ
ここでスタンドマイクとはお別れです!
やったね!お顔が拝めるね!!

なんか椎名林檎みたい。『清楚な貴女もただのケダモノ』?なんかそんな歌詞。『ここでストップ』って歌詞と、『落ちていきたい』みたいな歌詞もこの曲?落ちていくのは感傷ファインダー?ちょっとわからないけど、そこがかっこよかったです。歌詞のブログ記事も消される前にさくっと読んだと思うけど、もう覚えてないです。アップしてください。

 

ドラムの方のツイートに一部だけアップされたのもこの曲。

 

いやエモいって言葉はclaquepotさんの為にあるわ、これ。(確信)一曲めはそんなことなかったのに、この曲終わる頃には大分虜になってました。体を沢山使って歌う感じ。腹の底から感情を吐き出す感じ。

 

(軽くMC)
「改めましてclaquepotです」
(ミルクティーを飲む)
客席『かわいい……』
「あ、ちょっと待って、ミルクティーこぼしちゃった(服をはたく)」
客席『かわいい……』

 

彼がお客さんに可愛いと思われ過ぎ問題で完全に動揺した。あの空間の全人類が『かわいい……』って眼差し向けてた。いや、勿論かわいかったけど、なんというか空気が甘すぎるというか、颯くんへ向ける眼差しと同じような甘さですよ。甘っ! 

 

しかも声に対して出さずに全員が可愛いと思ってる空気が、なんというかガチ。全員くらぽちゃんのモンペなのかもしれない。

 

「僕のことなんか皆さんほぼ知らないと思うんですけど、なんせYouTubeTwitterSNS上でしか存在が確認されてないですから」

確かに。顔出てないしね。

 

次の曲が新曲という話。
「僕のことを知らない人からしたら全部新曲なわけですよ。そんな感じでゆるく聞いていただけたらと」 

 

3、バイバイ(新曲)
『さよならを告げる君があんまりにも綺麗だから(叶うはずもないのに)また出会いたいと願ってしまったよ』(※超ニュアンス)

そんなフレーズを歌う君があんまりにも綺麗だからまた出会いたいと願ってしまったよ~~~!!!幸せになってね~~~😭!!!

 

4、感傷ファインダー
曲紹介があったから曲名がわかったやつ。
(『ケダモノ』は歌詞に頻繁に出てきたから予測できた)


『意外とこういう感じの曲もあるんだなあ』というのが感想。ポップというか明るいというか?歌詞は全然覚えてません。どんまい自分。

 

5、むすんで
次の曲が最後だよという話。
「音楽は衣食住でもないし、あれば嬉しいけどなくても平気なもの。これは変な意味ではなく。そんな中僕の音楽を聞いてくれることが嬉しい。これからもこつこつやっていくのでまた見に来てくれたら。」(的な。)

 

最初は歌えていたのに、突如歌えなくなるくらぽちゃん。最初は『歌詞飛ばしたのかな?』と思ったけど、歌おうとしてマイクはずしてを繰り返していたのを見て、『え、目うるうるしてる……?泣いてる……?』と。

それに気付いたファンが代わりに歌ってました。私が歌えるわけはなかったけど。(笑) それでも、心が暖かくなった。

 

その後、感極まってしまったことには触れず、live終了。アンコールちょこっと掛かったけどありませんでした。いいライブだったなぁ。行ってよかったです。

 

YouTubeにあがってるやつは、なにか引っ掛かりがあるんだけど、生で聞くとすごく良かった。癖になる魅力だなぁって。もうclaquepotのライブ行きたいもん。

 

次回からclaquepotのライブはメモを取ろうと思いました……。メモなしニュアンス話ばかりなの反省。

 

兄claquepot は、

弱さを吐き出し、強さを隠す人。


工藤大輝 は、

強くあろうとして、弱さを隠す人。


そんな気がしたよ。

兄弟でバランス取れてるね。

 

そういえば、弟のグループのボーカル、花村想太くんが来ていた。わざわざ、時間を作ってくるなんて、えらいし、可愛いね。アドバイスとかするのかなぁ。気になる。