読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多趣味というより

追っかけが趣味なだけ

【関ジャニ∞】関ジャニ∞の元気が出るLIVE 東京感想

《この記事は2015年12月21日に書きました》

12月20日、関ジャニ∞の東京ドーム公演が終了しました。今回の東京公演は四日間。
例年に比べると、一日多い開催でした。

<東京公演を迎える前>
彼らは一週間前の12月13日にツアー初日を札幌で迎えていたわけですが、私の初日は12月17日、木曜日。東京公演の初日。

今回のツアーは友人と申し込まなかったこともあり、全滅。そこから、ご縁があって、東京と大阪の6公演参加できることになりました。今まで、全滅からかき集めるという経験はなく、私は恵まれたオタク生活していたんだなぁ……。

そして、東京公演が近付くにつれて、気になることが出てきました。

『東京公演余りすぎでは……?』

えっ、今までこんなに余ってたっけ……?
東京定価割れとは……?
一日平日が増えたから……?
そんな事を考えながら迎えた初日でした。


<東京公演を終えて>
一切のネタバレを踏まないまま、東京期間が終了。

これは公演中から思っていたのですが。

『あっさり!!!!!!!!!!』

いや、楽しいよ。確かに楽しいんだけど、関ジャニズムの時の、一曲一曲に対する『次はなんだろう?』というドキドキやワクワクはなかった。

シングルやって、MCやって、アルバムやって、バラードでしめて、アンコールメドレーやって、終わり。そんな印象。

セトリもあっさりだし、ブリッジのVTRもあっさりだし、演出もあっさりで、セットもあっさり。

セトリ組む時間なかったの!?
去年のワクワクどきどきはなんだったの!?

セトリに関しては期待はずれだし、演出でももっと感動させてほしかった。セットも地味だし、VTRもなんかこう一貫性がないっていうか、なんというか、わざわざ笑い取らなくてもいいんだけどなぁ。なんかテレビ見てるみたいだった。『元気が出るライブ』というテーマには相応しいかもしれないけど、私はもっと違う方向から元気を出しにきてほしかった。

あと、衣装。可愛くない!!!!!
全然可愛くない!!!!!

一番好きな衣装は『夏の恋人』。これ凄く可愛いしかっこいいしアイドルっぽくて最高だよね。

なぜ一曲しか使わない!?
なぜそのままMCにいくの!?!?
ばっかじゃないの!?!?


(ここから先は横山担の方は読まなくていいです)

さてさて。今回の最後の挨拶はすばる。
『できないことはやらない。これが今やれることの全て。』
そんなことを言っていました。

うーん、もやもやする。
主にバンドについてなんだけど。

本当に、7人全員が全力を尽くしたんだろうか?楽器の練習、明らかに足りないメンバーが居ますよね。
なぜ、もっと練習させなかったの?

顔が良いから許されるの?
『頑張っている姿が可愛い』
三年目でもそれが通用するの?

踊れない、歌えない、演奏できない。
出来ないなら努力をしてほしい。それでもできないなら、もっと努力をしてほしい。

なんで未完成のパフォーマンスにお金払わなきゃいけないの?ファンだから?オタクだから?どんなものにもお金だしてくれるとでも?

私には楽器が分かりません。安田くんがアレンジ変えてたよね、とか。珍しく間違えてたよね、とか。そういうのが、正直全く分かりません。でも、そんな私でも、あのトランペットが下手くそであることはわかってしまいました。

もっと努力をするか。
トランペットをやめるか。
どちらかにしてほしい。

なんか全体を通して『関ジャニ∞忙しいんだなあ』ってライブでした。ダンス曲も少ないし。ただその数少ないダンス曲でここぞとばかりに自分の力を爆発させてる安田くんはかっこよかったです。

以上東京公演の感想でした。

こんなこと言いつつ、楽しかったんだけどねー!

おわり。